TEL

足立区|寺田病院|ソケイヘルニア|手術

日暮里・舎人ライナー
「扇大橋」駅前

ご予約・お問い合わせは 0120770874 または 03-3898-5231

MENU

胃・大腸肛門病センター

ソケイヘルニア

胃・大腸肛門病センター

ソケイヘルニア

ソケイヘルニア

ソケイヘルニアは、昔から俗に「脱腸」と呼ばれており、お腹にある小腸などの臓器がももの付け根の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。立ち上がった時やお腹に力を入れた時に、太ももの付け根付近が膨らんでいたら、ソケイヘルニアの可能性があります。

早めの治療をお勧めします

ヘルニアは自然治癒することはありませんので、基本的には手術以外に治療法はありません。放っておくと、はみ出しているもの(腹膜や腸の一部)の重さにより、どんどん大きくなることが多いようです。ただ、命に係わることは少ない病気ですから、わずかな出っ張りで特に痛みが無い場合は、注意しながら経過を見ていくのが一般的です。ただし、経過を見ていても治ることはありません。日常生活に不便が無ければ急ぐ必要はありませんが、時間的余裕のあるときに、早めに治療しておくことをお勧めします。

臍ヘルニア(へそヘルニア)

臍ヘルニアとは
臍(さい)ヘルニアとは、臍(へそ)の緒が取れた後に、お臍が飛び出しているように見える状態です。赤ちゃんの5~10人につき、1人くらいの割合でみられます。

臍ヘルニアの原因

臍の緒の切り方が悪かったせいなどと昔はよく言われましたが、そんなことはなく、臍の緒が胎児に付着していた部分(臍輪)が完全に閉じた状態にならないことが原因です(臍輪閉鎖不全)。臍輪閉鎖不全の状態で赤ちゃんが泣いたり、いきんだりすることによって、お腹に圧力が掛かり、筋肉の閉じていない隙間から腹膜などが押し出され、飛び出してしまうわけです。また、なかには腹筋の間から腸がせり出してきて、皮膚を盛り上げているケースもあります。

臍ヘルニアの症状

飛び出した臍が大きくなります。稀ながら、1~2歳を過ぎても飛び出た臍が残るケースがあります。

臍ヘルニアの治療

生後3ヶ月頃まで大きくなりますが、9割以上は1歳頃までにヘルニアの出入り口の筋膜の隙間(ヘルニア門)が自然に閉じて治ります。このように自然治癒が期待できるので、多くは1~2歳頃までは治療をせずに、経過観察をします。
ただし、臍ヘルニアが大きい場合は、たとえ自然に治ったとしても、臍部の余った皮膚が見栄えの悪い形で残ることがあり、臍の形を良くするための治療を行うことがあります。方法としては、スポンジで臍を圧迫する治療法や、広がっているヘルニア門を閉じる手術などがあります。前者の圧迫療法は乳児期早期に有効ですが、かぶれを起こすことがあり、皮膚の状態をよく観察しながら治療を続けます。
また、ヘルニア門が狭い場合に、稀ながら臍部皮膚の内側、筋膜との間で腸がはまって外れなくなることがあり、こうした場合(ヘルニア嵌頓)には緊急手術を行います。

腹壁瘢痕ヘルニア

腹壁瘢痕ヘルニアとは

腹壁瘢痕ヘルニアとは、腹壁に負った傷が回復したあと、その傷跡から腹腔内の臓器が飛び出してしまう状態のことです。
腹壁の傷はけがによって生じたり、別の疾患(胃切除、胆のう摘出、虫垂切除など)の治療のために行われた開腹手術によってできたりします。
開腹手術では、何重にも縫合していればこの状態を招きにくくなるのですが、腹壁が弱いと、縫合した部分が切れたり弛んだりします。このような状態で腹圧が高まると、傷跡からの膨隆が起こることになるのです。傷が回復して何年も経過してから発症するケースもあります。ほかにも、加齢により組織が弱くなり、いきんだり立ち上がったりする際に傷跡からの膨隆が生じることもあります。

腹壁瘢痕ヘルニアの症状

腹壁瘢痕ヘルニアになっても、これといった症状が認められないこともありますが、傷跡のあたりに不快感を覚えたり、お腹に痛みが走ったり、また便秘が生じたりすることもあります。ヘルニアが大きいほどに、症状を自覚しにくいとも言われます。
また、嵌頓(かんとん)と言って、飛び出した臓器が腹腔内に戻らない状態に陥ることもあります。この場合は、強い痛みが走るほか、腸の血流障害を起こして壊死や穿孔を招くことがあります。ほかに、腸閉塞を伴っている場合には、処置が遅れればショック状態に至ってしまいます。

腹壁瘢痕ヘルニアの検査と診断

腹壁瘢痕ヘルニアを診断するにあたっては、まず開腹手術をしたかどうか、および腹壁瘢痕ヘルニアの症状が現れているかどうかを確認します。CTなどによる画像検査が行われることもあります。

腹壁瘢痕ヘルニアの治療法

これといった強い症状が出ていないようならば、手術を急ぐ必要はありません。装具を装着して内臓の脱出を防いだり、別の疾患が引き金となっているような場合には、その原因疾患を治療したりします。
ただし、症状が強かったり、腹壁瘢痕ヘルニアが大きかったりする場合や、嵌頓している場合などには手術を検討します。手術によって腹壁を強化し、腹壁瘢痕ヘルニアの状態を改善します。

Topへ